本文へ移動

シラス洞窟の家

コンセプト

CONCEPT

確かな記憶ではないが、
どこかで体験しているような懐かしさ、安らぎを感じずにはいられない
自分の体が、魂が、細胞が、記憶しているような感覚に陥る・・・
それが、「シラス洞窟の家®

 

シラス建材を使った、洞窟の家。それは、人間が原点へ戻るひとつの形なのかもしれない。

誰もが憧れる住まい。
生命を守り、安全性、快適性が備わり、健康で幸せを育む場所、より楽しく過ごせる場所、斬新なデザイン性、そんなことを想像していたら、100%自然素材・高性能なシラス建材でつくる洞窟の家に辿り着きました。
洞窟は、約700万年前より、長い間、人間の住居とされてきました。
居内環境が人間の生活を営み、精神的安定、安らぎを生成する要素をもっていたこと、厳しい自然環境から守ってくれること、年中を通して快適な温度・湿度環境が提供されていること、丈夫であること、それらが住居としての洞窟の長い歴史を作ったものと考えられています。

シラス建材が生み出す、安らかな居住空間を。

シラスは、マグマが姿を変えた物質であり、そのマグマは海を形成し、生命を誕生させ、遥かなる時間を経て進化を遂げた私たち人間と深いつながりがあると考えられています。
その証拠に、シラス壁材の空間では「よく眠れるようになった」、「清涼感がある」、「落ち着く」といった声が頻繁に聞かれます。
これも私たち人間とシラスとの相性の良さを示すものであり、マグマから生まれたシラスは、私たち人間のDNAの記憶に優しく働きかけ、安らぎを与えてくれる不思議な力を持っているのです。
TOPへ戻る